OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 60人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2008年10月10日

店長は先生であるべき

競合店の価格が気になる。

誰でもそういう時ってありますよね。

でも、何時もいつもそれに捉われていると大抵は駄目になります。


特にNB商品が販売の主力になっていると大変です

店長:「藤崎さん、でも競合店は店舗数も多いから価格では絶対に勝てないんですよ。どうしたら・・・」

先日もある釣具店の店長が会議の場でこのように発言しました。

藤崎:「でもね、問題の本質は競合店との関係ではないよね」

店長:「は?、???」

藤崎:「テレビ番組や雑誌に登場する釣り名人が支持されていて、お店のみんなが尊敬されていないってことだよね」

藤崎:「お客さんは魚を釣りたい。釣ってうれしい気持ちになりたい。テレビに出てるかどうかじゃなくて地元の釣り場で一番釣らせてくれる人が尊敬されるはずだよね。今はテレビの釣り名人にお店のみんなが負けてるってことだよね」

売れ筋集中は簡単に売上を伸ばすためのセオリーです。

しかし売れ筋を追求するだけでは消費者の尊敬は集められません。

売れ筋の販売促進も行いながら、ユーザーの尊敬を集めることが出来なければ主導権は取れませんね。
  
Posted by なるほど! at 17:23Comments(1)店長のナルホド