OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 62人
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2011年06月10日

『香港の世界一を観る。現地視察セミナー』

『香港の世界一を観る。現地視察セミナー』

三浦さんと始める「世界一企業研究倶楽部」の活動です。
現時点では僕も同行できそうです。
世界一倶楽部の入会案内よりも視察セミナーが先行してしまいますがご案内しておきます。

◆開催日  2011年7月26日(火)27日(水)
【現地、カオルーンホテル (香港九竜酒店、Kowloon Hotel)26日9:00集合 解散も現地27日17時頃。
前日25日までに香港入り願います。帰りは28日の便をおすすめします。不案内な場合は
主催旅行社から航空券・ホテル・空港送迎パックを案内させていただきます。】
◆開催地  香港及び香港近郊
◆講師   船井総研上席コンサルタント 三浦康志
◆セミナー費用   お一人様10.5万円 ※費用には、航空券、ホテル、食事代は含みません。
◆主催旅行社 名鉄観光銀座支店    ◆申込締切  7月22日(金)

●「香港の世界一を観る視察セミナー」へのお誘い
 1997年の香港返還は、中国にとって、アヘン戦争以来の悲願でした。太古以来覇権を持ち続けた国がアヘン戦争以来100年間、西洋列強と日本に侵略・蹂躙され続けたのです。香港返還はその過去の歴史に区切りをつける大きな節目でした。
 多くの香港人は「香港の中国化」を恐れて海外に逃れました。しかし時間が経つにつれ、それらの人々は香港に戻ってきました。中国政府の言う「中国の香港化」が本当に実践されたからです。香港にはその長所を温存させ、それを中国本土が見習うということで、中国の近代化を進めようとしているのです。
 中国が香港化したいほどの香港の仕組みはとは何なのか?それは自律と自由の融合、近代と伝統の融合、西洋と東洋の融合、人治と法治の融合ということではないかと、私は思います。その長所を活かして、香港は中国と他国を取り持つ役割を演じ続けているのです。
今回のセミナーは、日本での集合はせず、現地集合・現地解散で開催させていただきます。不案内な場合は
主催旅行社から航空券・ホテル・空港送迎パックを案内させていただきます。    
 船井総研 三浦康志
●視察予定先(アポイントの具合で多少の変更が起こる場合があります)

① UBS香港支店・・・UBSは、スイスが誇る世界一のプライベートバンクです。アジアの金融センター香港は、金融の自律と自由をどのように実現しているのか、そして、UBSはどのようにして世界一のプライベートバンクになりえたのか、について、UBS香港の幹部の方からプレゼンいただきます
② KPMG香港支店・・・企業活動においての香港の仕組みのビックリ点は、全ての会社に外部監査義務があるということです。その見返りに自由な企業活動、低い税率などが保証されています。その監査業務を担う大手会計事務所、KPMGの香港支店を訪れ、プレゼンを受けます
③ ぺニンシュラホテル・・・ペニンシュラホテルは香港の誇りです。2002年からの鳥インフルエンザ事件で香港から観光客が消えました。観光関連企業でリストラの嵐が吹き荒れる中、ペニンシュラは雇用を守ることを宣言し、それに感激した社員は給与引き下げを申し出たといいます。家族主義的社風を色濃く残しながら西洋式ホテルサービスを極めたのがペニンシュラホテルです
④ リッツカールトン香港・・・ビジネス街の立地を捨て超高層複合ビルに移転したリッツはペニンシュラとどのような差別化をはかるのか
⑤ 香港空港会社・・・香港では、登場時間の1時間半前まで、空港ではなく街中でチェックインができます。これは世界一のスムーズさです。世界一の顧客満足空港と評価されるための取り組みとは
⑥ 鄧氏宗祠・・・中国の一族主義を象徴するのが宗祠です。代々の一族の位牌がそこに祀られています。成功した一族になればなるほど立派な宗祠を持ちます。鄧氏宗祠は香港で最も大きな宗祠です。近代的な日常生活を送る香港の鄧一族の人々も年に数回はここに集い、大宴会を催すのです。一族の絆をこのように深め、近代と伝統を融合させるのです
⑦ シティスーパー・・・日本人流通企業幹部と現地資本が結びついた、日本式グルメ食品スーパー
⑧ ユニクロ、無印良品・・・日本流通企業の現地での活躍ぶりを視察
⑨ マカオのカジノリゾートホテル(ご希望の方のみ自由参加で2日目セミナー終了後に訪問します)・・・香港の対岸、マカオは、ラスベガスの大手カジノ資本を積極的に誘致し、東洋一のカジノリゾートを創造しました。リーマンショック後の落ち込みも最小限にとどめ、香港との見事な差別化を実現しています
a. ベネチアン・・・マカオ最大規模のカジノホテル。カジノフロアの上部フロアに同面積のショッピングセンターを設置
b. ウイン・・・ラスベガス近代化の最大の功労者、スティーブ・ウインが経営。高級感ではマカオ一番
c. MGM・・・ラスベガス最大規模グループの系列店
d. サンズ・・・カジノに特化した施設。ベネチアンと同じ経営。このサンズの成功が、ベネチアンに繋がる

お問合せ:kouji_miura@funaisoken.co.jp


人気ブログランキングへ

人気blogランキングへ

Posted by なるほど! at 09:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。