OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 60人
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2013年02月11日

大船渡産 牡蠣はデカイ!うまい!

大船渡産の牡蠣はデカイ!




※ワインボトルと比べてみてビックリ!


そして美味い!





10個20個と牡蠣だけで腹が満たされてゆく





じつに単純だ。



一度食すれば他産地の牡蠣とは別物であることは誰にもわかる


岩手県漁業士会大船渡支部長で指導漁業士の船本さん(大船渡産牡蠣の親分)に、特徴をかいつまんで教えていただいた。


1.日本全国の牡蠣養殖に用いられる稚貝の90%は石巻産であり、各産地は石巻から仕入れた稚貝を地元の海で育てる

2.大船渡産牡蠣の特徴は大きさ、その理由は肥育期間が長いこと。
 多くの産地が一年間の肥育期間であるのに対して、大船渡産は2年以上かける。当然ながら牡蠣は大きく育つ

3.肥育期間を長くするには手間がかかるが築地で人気のブランド牡蠣となった
 一年育てたところで通常は出荷してしまうところを、海から引き上げ選別し再度つり直し海へ戻す。こうして手間と時間をかけて作られている。しかし、比べてみれば一目瞭然の大きさだ!

4.味について重要なこと!牡蠣は「生食用」より「加熱用」の方が美味しい
 滅菌した海水に24時間とか48時間とか牡蠣をつけ、体内の水分を入れ替えたのが「生食用」になるそれゆえ、牡蠣の旨味も出てしまっているので味は「加熱用」に分がある

5.ノロ、牡蠣毒ウィルス、センチュウなどの中毒は、ちゃんと検査され出荷されたものをしっかり加熱すればまず大丈夫
 炭焼きは要注意!ちゃんと中まで火が通っているのを確認してね

6.そしてなんと!大船渡産牡蠣の最旬は4.5月!
  大船渡へ美味しい牡蠣を食べに行こう!


漁業者の立場からすれば当然なのだが、より高付加価値を求めて生産の工夫を重ねる。



当然出荷先は東京へ。



結果地元には出回らない大船渡産牡蠣。



いままで大船渡で大船渡産牡蠣が食せるのは漁業者自ら運営する「漁師のかき小屋」だけだった



知れば知るほどもったいない。



この牡蠣で、大船渡に観光客を!



さっそく大船渡屋台村20店舗+隣接のプレハブ横丁の2店で期間限定牡蠣祭り開催決定!



大船渡屋台村代表の及川さんと事務局の金野美智子さんが大船渡市、観光協会、漁業、各種メディアへの協力依頼をとりつけに動いてくれた。



屋台村店主たちも大乗り気でメニューを開発



定番のフライや蒸し牡蠣はもちろん、和洋いろいろ牡蠣豆腐なんて凝ったものまで・・


屋台村牡蠣祭りは地元の集客が狙いです。


初日の2月15日には「牡蠣ー1グランプリ」開催決定!


テレビや新聞の取材をお願いしましょう。


ゴールデンウィークの観光客にみんなが大船渡産牡蠣のことを語れるようなってないと。


楽しくなってきた





















人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(大船渡屋台村)の記事画像
大船渡屋村 鮨ささき 美味い安いの次元を・・
なんとなく良い方向に向かっている
沖縄⇔大船渡 交流深まる!
ブログで人柄・店柄を伝える
うまい!冬の大船渡!!
大船渡屋台村2年目へ
同じカテゴリー(大船渡屋台村)の記事
 大船渡屋村 鮨ささき 美味い安いの次元を・・ (2013-04-21 18:31)
 なんとなく良い方向に向かっている (2013-04-19 16:56)
 沖縄⇔大船渡 交流深まる! (2013-04-08 07:48)
 ブログで人柄・店柄を伝える (2013-01-09 12:32)
 うまい!冬の大船渡!! (2013-01-08 09:18)
 大船渡屋台村2年目へ (2013-01-07 08:44)

人気blogランキングへ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。