OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 60人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2013年05月30日

Japanese Gourmet Bangkok 

Japanaese Gourmet Bangkok (JGB)
http://jfoodsbkk.namjai.cc/

沖縄の「てぃーだblog」や静岡県西部の「hamazo」を運営するC-POINTグループが
タイの首都バンコクで行っている日本食レストラン紹介サイト


近ごろWEBのJGBに広告掲載しているお店のクーポン誌の宅配を始めた。


バンコクの日本食ファンの自宅にクーポン誌を直送する















バンコクの中心街にあるC-POINTタイランド事務所の入るビル






ちょいと作戦会議







現在バンコクには2000軒あまりの日本食飲食店が進出している


日本食がタイ人に受け入れられるのだろうか?


というような時期はとうに通り過ぎ、すでに激しい競争の中にある


新設の大きなショッピングモールではタイ料理店よりも日本の飲食店の方が数多い


百貨店のフードコートにも沢山の日本食


これから甘くないですよ



もとよりGourumetな華僑が多く暮らしてきたバンコク







郷土料理はどれもとても魅力的


スパイシーでフレッシュでとても安い!


チャイナタウンではフカヒレ、ツバメの巣といった高級中華が数百円で食べられるし、


街角の食堂の朝食は150円あまりでホテルのブッフェよりはるかに美味しい


いずれ物珍しさだけでは続かない