OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 60人
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2013年07月20日

美味しい楽しい元気の街へようこそ!

7月14日 大船渡屋台村にて「涼風コンサート」が開催された


大阪のNPO「ハーティ」による企画


NPOハーティはプロのカウンセラーによるボランティア団体


2011年の夏からほぼ毎月被災地を訪れ続けている


石巻を中心に、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡などの仮設住宅集会所を尋ねて


「アロマハンドマッサージ」や「お茶っこ」をしながら傾聴


ハンドマッサージをしているうちに話したい人は話し、


話したくない人は話さない


それをずっと毎月続けている


我妻ながらよくやるなあと思う


おかげでたびたび週末孤児になるけれど・・



今回はそのハーティの企画でいつものアロマに加えて「音楽」を届ける


石巻蛇田の仮設から始まり各地の仮設を巡りながら最終地点は大船渡屋台村お祭り広場ステージ


同行してくれたミュージシャンは


奄美大島出身で大阪在住の奄美三線ひき「栄 あつし」さん


御年69歳 近頃もの忘れがあまりに激しいので仲間内ではアツシハイマーと呼ばれている


同じく大阪在住 在日韓国人3世のがんちゃんこと「李 知承」 (イ チスン)


故郷生野を歌うがんちゃんの歌ぜひ聴いてほしい。


いまイチオシのミュージシャンです


滋賀県大津市からアモーレ猪熊


誰がカバやねんロックンロールショーのヴォーカル


アモーレ猪熊とG3


カホーンとヴォーカルのユニットAKIRA&AKIRAなど


いくつかのキャラクターを持っている彼女は今回はギター&ピアノで昭和歌謡のNew AKIRAバージョン


彼女のヴォーカル教室のお弟子さん2名(中一と小五の姉妹ユリメリ)とピアノ伴奏の木村ユカさんを伴って


3組のそれぞれのブルースが被災者の胸を揺さぶった


返還ほどない奄美から中卒で大阪に出てきた栄さんの奄美の言葉での歌は・・


何を歌っているのかまったくわからない


けれど心にしみる


在日3世イ チスンのうた「哀号」


http://www.youtube.com/watch?v=LEGeLeL3Xog


アイゴーは感嘆詞でうれしいときも悲しいときも驚いたときも使われる


「じぇじぇ」的な言葉だという解説に納得


詞も歌もささりまくり


何度聞いても胸がつまる


心揺さぶられ涙する仮設住宅でくらす皆さん


とりはノリノリの昭和歌謡


もうすっかり大船渡の歌姫として現地にファンも多いアモーレ猪熊


いつものように大船渡屋台村お祭り広場はダンスホール化!


年配の方はともに歌い


歌を知らない若者も体をゆする


屋台村各店から酒につまみを取寄せて


老若男女いりみだれて踊りまくる!


大船渡の被災者もボランティアも屋台村の店主たちも


今回始めて同行の九谷焼作家氏もノリノリ!


一人冷静なのは大船渡屋台村理事長の及川さん


今回はPA担当、ご苦労様でした


ライブの後は「漁師の牡蛎小屋」船本さんから特大の牡蛎の差し入れに舌鼓


至福のときはすぎてゆき


気づけばいつものように屋台村ステージをベットに爆睡


「大船渡屋台村」は本当に「美味しい、楽しい、元気の街」になった


こんかいも仮設の集会所では


「私たちよりもっと悲惨な人がいる。贅沢は言えない・・」


という声が聞かれた・・


でも


楽しんでほしい


楽しめば力がわく


面白いことを届けに行こう


そして一緒に楽しもう


そういう気持ちでよいと思う


まだまだ何か役に立ちたいけれど何が出来るかわからずに被災地に行くのをためらっている人も多くいるはず


そんな人は是非大船渡屋台村に行って欲しい


美味しいもの食べて、みんなとしゃべって、音楽に酔いしれて


一緒になって遊んだらそこからまた何かが始まるはず


人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(■震災被災地域活性化支援)の記事画像
気仙地方は被災地だがお伽の国でもある
ぬちまーす 
明日は、『復興元年 わくわくワールドフェスタin Soma』
小さくスタートできる補助
大船渡屋台村 開店2ヶ月
同じカテゴリー(■震災被災地域活性化支援)の記事
 気仙地方は被災地だがお伽の国でもある (2013-06-30 20:15)
 自分の将来のために被災地は学びの場でもあります (2013-04-07 09:11)
 ぬちまーす  (2012-11-07 16:19)
 明日は、『復興元年 わくわくワールドフェスタin Soma』 (2012-03-17 20:34)
 小さくスタートできる補助 (2012-02-20 21:04)
 大船渡屋台村 開店2ヶ月 (2012-02-19 10:25)

人気blogランキングへ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。