OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 60人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2013年01月18日

EC研究会

今日はオンラインショップ経営者を集めた船井総研主催の勉強会。


「EC研究会」に久しぶりに講師として呼んでもらいました。


いろいろ事情が合って僕がまたこの勉強会のお手伝いをすることになったのですが、


実は、この勉強会は10年近く前に僕自身が始めたものであったのです!


当人もすっかり忘れてしまうくらい後輩たちに譲り渡して早数年!が経っていたのです。


それにしても今日、若い後輩たちの話を聞いているとなかなか素晴らしい!


即効的な売上アップ技をいくつも披露してくれます。


いいなあ。


即効的なハウツーノウハウは若い人の集中力にはかなわないですね。


非常にピンポイントの狭いところを突っついてきますから理解しやすいし、やりやすい。


なかなかいいですね


僕も先端的ハウツーを教えてもらいながら古典根本をお話してゆきましょう。


おや、なんだか爺さんみたいですね。










  

2011年05月24日

<新規イーコマース事業参入の可否判断>

<新規イーコマース事業参入の可否判断>

成長著しいインターネット活用事業分野で新規事業を興すことは現代経営者にとって当然取り組むべきことです。比較的容易に始められる通信販売(B2B、B2C、C2Cいずれも)分野ではすでに過当競争が起こっている商品分野もあります。また、大資本による包み込み戦略も進行中であり、独自固有の長所を持たない事業者の将来は暗いものであると言わなければなりません。一方で建築飲食サービス始め流通業以外の事業者にとってはまだまだ選考事例も少なくチャンスは多くあります。慎重かつ素早い経営判断が望まれますが、本診断はそうした新規事業企画に対して経験と調査にもとづき総合的に診断するものです。

1.内容
・内部環境調査(本事業推進にかかわる経営資源調査診断)
・外部環境調査(市場規模調査予測、先行競合他社調査、各種リスク予測)
・事業プラン診断(事業プラン中期計画の実現性診断、改定案の上奏)
2.所用期間
・一ヶ月程度

3.効果
・リスクを明確にし、参入可否判断を容易にする
・事業プランの不足箇所を明らかにし、無駄な失敗を防ぎ支出を抑える
・船井流経営法をとりいれより強固な事業プランへと発展させる

5. 費用
・100万円~
  

2011年05月24日

<既存イーコマース事業の診断>

<既存イーコマース事業の診断>

イーコマース事業(オンラインショップを含む)の現状および将来性の診断です。イーコマース事業の特性は比較的容易に成長する一方で、模倣されやすく競争も激烈であり短命な事業になりやすいという課題を常に抱えています。本診断の目的は長期的に成長進化を遂げる可能性を拡大するためのものです。

1. 内容
・内部環境現状調査(利益構造診断、商品別シェア粗利益率分析、商品力調査、WEBサイト診断、広告最適化診断、人材組織課題調査、など)
・外部環境調査(現在及び将来の市場規模予測、競合他社調査、モデル調査、など)
2. 所用期間
・一ヶ月程度 ※診断対象事業の規模により異なる
3. 効果
・既存事業に対する客観的評価が明確になり、改善指導が行ないやすくなる
・事業寿命が明確になり次の展開への布石を打つことが容易になる。
・総合的かつ本質的な診断が一社に任せられるので優先順位を明確にしやすい
4. 費用
・50万円~(要見積)※取扱商品分類数、事業規模などによりことなる