OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 60人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2012年10月03日

ダリオ・ムニョスさん 本当に凄かった!

昨晩のライブ


Pamarca y Dario Munyos





凄い凄いと、Pamarcaのリンダさんから何度も聞いていたけれど・・・


ダリオさんのギター本当に凄かった!!!





とんでもない技術者!



彼らのツアーまだまだ続きます。






どない屋やジャズ喫茶ちぐさのような小さな会場で彼らの演奏が聴けるというのは

とても贅沢なことですね
  

Posted by なるほど! at 09:36Comments(0)音楽

2012年10月02日

豊中スペース草にてPamarca y DarioMunyos




お友達のライブツアーの紹介です。


シルビオ・モレノさん、奥様リンダさん、お嬢さんミミさんによるPamarca



アルゼンチンから来日した超絶早弾きタンゴギタリスト ダリオ・ムニョス


シルビオさんは、12歳でアルゼンチンの国立音楽大学の門をたたき17歳史上最年少で卒業という天才的音楽家


1960年代のアルゼンチンフォルクローレ(大衆音楽)全盛期を支えた伝説のギタリスト


あのメルセデス・ソーサのギタリストをつとめ、数々の映画音楽も手がけながら軍事政権下で拉致され


命からがら出国、流れ着いた沖縄で折られた指のリハビリにつとめ再び演奏を開始


そんなシルビオさんにはさらに苦難がおとずれる


パーキンソン病を発症


しかしそれさえもキューバに渡りよい医師にめぐり合うことで感知はしないものの演奏活動を継続


69歳の現在も朝から晩まで一日中音楽のなかにいる


今年3月シルビオさんのこの不屈の生き様を被災者に届けたいとおもい大船渡でのライブを企画


雪の舞う3月の大船渡屋台村野外ステージは、僕にとっても一生記憶に残る大切な思い出になりました。


さて、今回はそんなシルビオさんの若い友人ダリオ・ムニョスさんをアルゼンチンから招いてのコンサートツアーです


実は僕はまだダリオさんのギター演奏を聞いていないのですが・・


とんでもない業師と聞いています


シルビオさんが言うんだから間違いないでしょう


10月1日神戸をスタートして大阪、京都、浜大津、福島県川俣町、大船渡、我孫子、横浜と10日間をかけてまわります


会場の多くは友人たちに協力してもらっています。


今晩10月2日(火)のスペース草は、トヨヤンと陽子さんご夫婦の経営されるギャラリー
(1日は神戸マダムキキの店)


3日(水)は大阪堂山町のプカソンコ オーナーのセレソさんはシルビオさんの古いバンド仲間


4日(木)は浜大津どない屋 「誰がカバやねんロックンロールショー」のリーダー円ちゃんとベースのメグさんのお店


5日(金)は京都伏見区のカフェドゴスペル Pamarcaのお友達の玉川さんが手配してくれました


6・7日(日)は川俣町で日本一のフォルクローレの祭典コスキン・エン・ハポンにゲスト出演


8日(月)は大船渡屋台村お祭り広場でアモーレ猪熊&G3と競演


9日(火)は我孫子 アビーホール


10日(水)は横浜 野毛のジャズ喫茶ちぐさ 横浜のお友達が紹介してくれました


たくさんのお友達が協力してくれて実現したこのコンサートツアーなんと駐日アルゼンチン大使館後援!となりました


シルビオさんやっぱり大物なんですね


すごく個性的なステージぞろい演奏は間違いなしぜひお時間のある方はお運びください


僕は仕事もありますので全部参加とは行きませんが・・・


よろしくおねがいします。




  
Posted by なるほど! at 08:11Comments(0)音楽

2012年09月08日

Pamarka&Dario Munos コンサートツアー

アミーゴ(友達)のコンサートツアーをお知らせします。

音楽ジャンルとしては”南米フォルクローレ&アルゼンチン・タンゴ”です。


フォルクローレといっても大都会の街頭でよく見かける民俗音楽的なものではありません。

アルゼンチンではまずクラシックギターを習いその後フォルクローレかタンゴの道へ進むということが多いと聞いています。

フォルクローレについては大衆音楽(フォークソング)という幅広い捕らえ方をしたほうが良いのかもしれません


沖縄在住のシルビオ・モレノさん一家&アルゼンチン・タンゴの超絶早弾きギタリスト ダリオ ムニョス

全国ツアーです!!

どうぞ、お近くの場所でご参加ください。


シルビオ・モレノさんについては何度かブログでも紹介させていただきましたが、

あのメルセデスソーサのギタリストとして世界ツアーにも同行されていた伝説のギタリスト。
http://naruhodo.tencho.cc/e65350.html
http://naruhodo.tencho.cc/e67318.html


今回はシルビオさんイチオシの超絶アルゼンチン・タンゴギタリスト ダリオ・ムニョスさんを引き連れてのツアーです。


会場手配では僕の友人たちにもずいぶん無理言って協力してもらっています。


おかげで、とっても素敵な場所でのコンサートを企画することができました。


さらに、駐日アルゼンチン共和国大使館の後援をいただくことまで決定!


楽しい思い出ができそうです。



< Pamarka&Dario Munos 2012年日本コンサートツアー スケジュール >

 
10月1日(月)Mme KIKI マダムキキのお店(神戸)
    神戸市中央区布引町2丁目1−9
    新神戸サンホテル内1Fレストラン
    http://mmekiki.net/
    TEL078-271-8501
    開場/18:30 開演/19:00
    料金 3000円(日本酒テイスティング&ワンプレート付)


  2日 スペース草(大阪・豊中)
     大阪府豊中市東豊中町 4-1-13
     TEL 06-6853-0474
     http://www7a.biglobe.ne.jp/space-so/
     第1部19:30〜料金2500円(ワンドリンク付き)

  3日(水)ラテンアメリカ・バー・レストラン“プカソンコ”・・マスターのセレソさんはシルビオさんともバンドを組んでいた音楽家
     大阪市北区堂山町16-19 イワタ会館3F
     第1部8:30 第2部10:00
     http://www.pukasoncco.com/
     料金 2000 円 TEL 06-6312-3704

  4日(木)どない屋(滋賀県大津)・・・・・・・・・・・・・・誰カバの円ちゃん、メグさんのお店
     滋賀県大津市浜大津2丁目5−8
     http://www.geocities.jp/donaiyakaba/
     TEL 077−521−7699
     19:30〜 料金2000円

  5日(金)カフェ・ド・ゴスペル(京都)
     京都市伏見区深草フチ町1ー2
     http://www.ilfmusic.com/
     会場118:30 開演19:00
     前売2500円 当日3000円
     TEL 075−643−7346

  6日(土)コスキン・エン・ハポンサブステージ(福島)
     「絹蔵」 16:00〜21:00

  7日(日)コスキン・エン・ハポン(福島)出演・・・・日本一のフォルクローレ祭典!音楽家参加170組!そのゲスト公演
     福島県川俣町 川俣町中央公民館ホール
     http://www.cosquin.jp/

  8日(月)岩手 大船渡 チャリテイーライブ
     大船渡屋台村 お祭り広場・・・・・・・・・・・・屋根つき屋外ステージも完成し、雪が降っても大丈夫!
     http://www.5502710.com/

  9日(火)アビイホール (千葉)
    千葉県我孫子市本町3-2-28 04-7183-3732
    (イトーヨ−カ堂我孫子南口店3F)
    http://www.abbycuore.com/pc/hall/index.html
    昼の部14:00 夜の部19:00(開場は1時間前となります)
    前売り2500円 当日3000円
    お問い合わせ オキクルミ 090-9371-1889

  10日(水)ジャズ喫茶ちぐさ(横浜)・・・・・・・・・・・ジャズファンなら誰でも知っている、あの「野毛のちぐさ」!
    横浜市中区野毛町2-94
    http://noge-chigusa.org/
       Tel.045-315-2006
       第1部19:30〜 第2部20:30〜
       3000円(ワンドリンク付き)


すばらしい演奏を保証します。
ぜひ、お近くのステージにご参加ください。



シルビオさんのお店では、リンダさんおつくる美味しい南米料理とPamarkaの演奏が毎夜楽しめます。

 『 南米料理と音楽の店 ペーニャあまんかい 』

沖縄県那覇市前島
http://uruma.ap.teacup.com/amancay/


  

Posted by なるほど! at 12:39Comments(0)音楽

2012年03月20日

昼夜ライブ三昧!

昨日3月18日は、昼に相馬市、夜は一関市でライブイベントダブルヘッダー





いいステージでした!


シルビオさんの演奏はなんかどーんと迫ってくるものがあります。


僕はフォルクローレに優しい心地いい耳障りの良い音楽という印象を持っていましたが、


シルビオさんの歌を聞くたびにその力強さに驚かされるのです。


相馬の人たちにもどーんと伝わったのじゃないでしょうか。




今回このステージを手配していただいた川俣町の斉藤さんたちとシルビオファミリーと記念撮影


昼ステージ終了後は、秋に川俣でおこなわれるコスキンエンハポンのことなどミーティング。


皆さんで遅い昼食、僕にとっては早い晩飯を地元民イチオシのエンドレスさんでオムライス


これはかなり美味いしかった一押しだけのことはある。


<エンドレス>
■所在地:福島県相馬市中村田町54-3
■TEL:0244-35-3818
■定休日:2日、12日、22日
■営業時間:11:00~22:00



一関で19時開演の本日二度目のステージを目指して北上!

続きはまたこんど




















  
Posted by なるほど! at 18:16Comments(0)音楽

2011年11月16日

お友達紹介 AKIRA×AKIRA


http://sound-akira.com/profile.html


この、でかい口の主はAKIRAちゃんという滋賀県出身のボーカリスト


大西ゆかりさんばりの歌唱力とソングライターとしての実力も併せ持つもっと売れて欲しいアーティスト。


非常に器用かつキャパの広い心の持ち主で、なんと誰カバの介護係もしています。
誰カバではアモーレ猪熊というキャラクターで活躍中)



ちょっと前ですが、憂歌団の木村充揮さんとラジオで競演したり、今年は『祝 春一番』にも出演したり、滋賀県ではNHKの番組もあるときいてますが・・・いかんせんローカルなんで、もったいないなあと思っています。



その非凡な才能とメッセージ性は一度聞けば誰でもわかるレベルにあると思うのですが・・・・



非常にまともな感性の持ち主で、カンボジアの路上で歌ったり、震災後は被災地へもボランティアへ。



しかも、休みには田圃で有機栽培にも挑戦するという。



実に趣味の合うお嬢さんでもあります。



2月に沖縄でのライブツアーを企画中だそうで僕も協力したいと思っています。



正式日程が決まったら告知させていただきますので、沖縄の皆さんぜひご参加ください。



  

Posted by なるほど! at 18:52Comments(0)音楽

2011年11月15日

シルビオ・モレノさん

シルビオ・モレノさん
http://uruma.ap.teacup.com/amancay/96.html



アルゼンチン出身、沖縄在住のフォルクローレ奏者


11歳で国立音楽大学に押しかけ聴講生となり、


17歳で国立音楽大学を最年少で卒業。


18歳で結婚、20歳のときに身重の妻を交通事故で亡くす。


自暴自棄になったとき兵役命令が届く、


兵役を終え故郷へ戻ると、幼馴染のミュージシャンに迎え入れられ演奏活動に復帰、数々の賞を獲得し名声を高める。


順調だった1976年、軍事政権下のアルゼンチンで何者かに拉致され重傷を負う。


手指はぼきぼきに骨折させられ、知人の紹介で命からがら沖縄へ。


医者には二度とギターは弾けるようにならないといわれるが、不屈のリハビリで演奏活動を再開。


政権が少し落ち着いた1988年10年ぶりに祖国の土地を踏む、そのとき友人はすでに追悼アルバムを作っていた。


再開を喜んだのもつかの間でパーキンソン病を発症する。


2000年には沖縄で結婚した妻リンダさんとのデュオで世界最大のフォルクローレの祭『コスキンフェスティバル』への招待公演を行い、アルゼンチン各地でコンサートを行う。翌年にはキューバでもコンサートを行う。


沖縄県那覇市内にてペーニャ・アマンカイという南米音楽酒場を経営。


68歳となった現在も病気と闘いながら演奏を続けている。



沖縄での定宿の近く。



シルビオさんのことを、リンダさん(奥様)に聞けば聞くほど凄い経歴。


まさに不屈の人


そして、



「今日は演奏しますよ」



って、薬で症状を抑えて本当に演奏してくれる。



ほんとに凄い人です。



ぜひ、東北の被災地の人に元気を分けて欲しい。


ただいまコンサート企画中です。


シルビオさんの元気を被災地の人に感じてもらえたらいいなあ。


楽しみだなあ。


3月くらいかな










  

Posted by なるほど! at 09:28Comments(0)音楽