OH!ナルホド! 

経営コンサルタント藤崎泰造 域内連携による商品開発販促支援承ります
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 60人
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
プロフィール
なるほど!
藤崎泰造
<職業>
■株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 
■得意業種:it地域活性化、6次産業化、農商工連携時の販売促進 
■得意技術:連携促進、商品力改善、広報、販路開拓、ネット通販、販売促進、
■重点課題:
①微生物資材を活用した地域内循環型農業の6次産業化、その販路拡大と販売促進。
②市民主体の町興し活動支援。町興しLLP創出による地域ブログポータルサイト運営、人材交流促進、商品開発支援、販路拡大支援、集客促進

<略歴>
■1965年 千葉県出身
■帯広畜産大学畜産環境学科環境保全学研究室卒業
■大手メーカーにて、消費財ルートセールスを3年経験後転職
■船井総合研究所にて
20代~:日本で最初の釣具業界経営コンサルタントとしてルアーブームに関わる
30代前半:100業種あまりの販売促進に関わる
30代中半:全国各地で地域密着型販売促進勉強会を主催する
30代後半:永年の小売業支援で得たノウハウをインターネット通販に応用し、多数の一番店ネットショップ創出の支援で成功事例をつくる。一方で、沖縄てぃーだブログから始まった、地域密着型ブログポータルサイト事業を全国に広げる。
震災関連:福島、宮城、岩手の被災企業の支援にあたる。岩手県大船渡市では、大船渡屋台村有限責任事業組合を創出し、大船渡屋台村をオープンさせる。




オーナーへメッセージ

2012年08月10日

非存在デメリット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・ところで、船井さんの収益はどこから?


ときどき鋭い質問が来る


ない、ありません。


と、答えるとにやりと笑って喜ぶ人がいいる。




どんな商品にもライフサイクルがあり、コンサルティングビジネスも例外ではない


そしてコンサルティングビジネスのライフサイクルは短い


どうだろう長くて5年~7年そんなものだろう。


企業としてコンサルティングビジネスを行うには次々と新しいコンサルティングビジネス領域に挑まなければならない。


ライフサイクルの始まりからピークへ、つまり稼げる期間というのは、1を普及させる過程だ。


僕の言葉で言えば、「おどろき」を「あたりまえ」にする、この過程こそが利益期間。


そして「おどろき」はオンリーワンであり、「あたりまえ」化したときに利益を得るにはナンバーワンになることだ。


ところで、人には役割があるとおもう。


儲からないというのは前提として間違いだから、このオンリーワンからナンバーワンにいたるプロセスで役割を意識するべきだ。

第一段階:0→1・・・・いうなれば創生期か
第二段階:1→N・・・・いわば導入期
第三段階:N→∞・・・・・成長期

それぞれに役割があり向き不向きがある

0→1の創生期は儲からない


しかし生まれがなければ成長はない。


単年度の業績評価だけでは見えてこない。


いうなれば非存在デメリット的だ。


ここを評価できなければコンサルティングビジネスはただの真似っこ集団になってしまう














人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(経営コンサルタントの仕事について)の記事画像
自由が楽しめる街を
同じカテゴリー(経営コンサルタントの仕事について)の記事
 沖縄 那覇でのお食事なら・・ (2013-06-21 15:35)
 圧縮付加法 (2012-10-02 07:35)
 『 稼ごう、日本!! 』 (2012-01-09 10:04)
 チャリティーセミナー (2011-11-21 22:13)
 自由が楽しめる街を (2011-08-15 11:33)
 移り行く改善テーマ (2010-07-06 09:32)

人気blogランキングへ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。